幼稚園・保育園の先生にかけっこ以外で褒められたこと

幼稚園・保育園の先生にかけっこ以外で褒められたこと

私は幼稚園の頃とても足が早かったです。神戸でもインターナショナルスクールといえるところで幼稚園で鬼ごっこやかけっこをしても同級生に負けないしとにかく走るのが速かったです。半面、私はシャイでした。運動はできるけれどなんだか恥ずかしがり屋な子。先生はそんな印象で私を見ていたと思います。かけっこが速いことは先生に何度も褒められたけど私は恥ずかしそうにするだけでした。そんな中、幼稚園で運動会をすることになりました。玉入れやら綱引きやらの種目の中にかけっこがありました。かけっこは4人のリレー式でした。奈良の大和高田で保育士の求人を探すには 3人は決まりましたが、4人目のアンカーが決まりませんでした。当然足が速い私が手を上げるべきなのでしょうが、私は怖くてあげることができませんでした。すると、先生がちらっと笑顔で私の方を向きました。私に手を上げてほしいみたいでした。私はシャイなので緊張して手の震えが止まりませんでした。しかし、早く奈良で評判の保育園を探そうとしても私は勇気を振り絞って手を上げたのです。こうしてリレーの4人が決まりました。運動会当日私たちは無事に勝つことができました。当然クラスのみんなも喜んでいました。先生も近づいてきてこう言いました。「今日のかけっこもすごかったけど、こどもが神戸でインターナショナルスクールからとこの前勇気を出して手を上げてくれたことも先生嬉しいな」私もとても嬉しくて「先生ありがとう」と言いました。

コメントは受け付けていません。