幼稚園での体操教室で短大卒業したての先生に密着!

幼稚園での体操教室で短大卒業したての先生に密着!

僕が通っていた幼稚園は放課後活動が盛んでした。どんなバイリンガルスクールが神戸の中にはどこかでサッカー教室、鼓笛隊、そして体操教室などがあり、園児は希望する教室に入る事が出来たのです。本当は僕は幼稚園が終わったらすぐに家に帰りたかったのですが、無理やり親に体操教室に入らさられたのです。最初の頃は嫌で嫌で仕方のなかった週2回の体操教室。ところがある出来事を境に僕は体操教室のある日が楽しみになったのです。それは短大を卒業したばかりの若い先生が体操教室の担当になったからです。その先生はまゆみ先生と言いました。当時、幼稚園児の僕が見ても、まゆみ先生はとてもかわいい人だったのです。どの芦屋で矯正歯科治療なら評判になるといってももう今で言うと、坂系アイドルにでもいそうな感じです。僕はどちらかと言うと運動は苦手な方でした。跳び箱、鉄棒と何をやってもうまく行きません。そんな僕にまゆみ先生は他の園児よりも多く付き添って、僕に運動を教えてくれたのです。「ほら、ここでグッと足を持ち上げて〜」そう言ってまゆみ先生は僕のおしりを体全体で押して逆上がりが出来るように手伝ってくれます。そんな時、決まってまゆみ先生の体は僕に密着しています。まゆみ先生の胸はそれほど大きくはありませんでしたけれど、ギュッと僕の体を彼女が持ち上げたりする時、モロにそのオッパイが僕に当たりました。その他、でんぐり返しをした後、バランスを崩したりして、まゆみ先生に抱きついたり・・・。思いっきりまゆみ先生のオッパイとかお尻に偶然を装って触っていましたけれど、先生はとても一生懸命に運動を僕に教えてくれていたからか、神戸の近くでホームページ制作を頼むのは少しも僕がわざと触っている事に全く気が付きませんでした。まゆみ先生、抱きつくといつもいい匂いがしたんですよね・・・。大人になった今でもまゆみ先生と同じ匂いを嗅ぐと、手のひらにあの時たくさん触ったオッパイの感触が蘇ってくるかのようです。

コメントは受け付けていません。