私が高校時代に実感した恩師の先生となる方との良き思い出につきまして

私が高校時代に実感した恩師の先生となる方との良き思い出につきまして

私が高校時代に先生としまして、実感しました内容としましては、奈良で評判の保育園ならどうしても根気よく生徒に向き合ってくれる先生であります。高校時代の先生としましては、私は、高校一年の時点としましては、とにかく高校生になればアルバイトができると言う形で、お小遣いが小学生、中学生の時となかった私につきましては、アルバイトでとにかく自分自身の収入を得ることしか考えておりませんでした。そのために、お小遣いで自分の好きなゲームを手当たり次第に購入したり、お小遣いで学食等で好きな物を食べると言う形でありました。口コミで奈良なら大和高田の保育園がこのようなことを経験してお金の有難みと魔力に吸い込まれていくような形で毎日部活が終わればすぐにアルバイトと言う形で、過ごすことによりまして、当然学力は失われていく形になりました。そんな日々が続き、高校二年生になりました際に、このままでは、進学に影響すると強く思い込み、勉強と部活動に専念する形で、アルバイトを潔く辞めました。そこから数学がとにかく苦手であったのですが、たまたま、同じ名字の先生がおられたので、毎日数学で分からない所を聞きにいくと言う形でまるで小学校の先生のような感覚で接してくれ、根気よく指導してくださったことを今でも覚えております。進学先の過去問につきましても、丁重に解説してくださる形で、嫌な顔一つせずに向き合って頂けた点は本当に素晴らしかったですし、良い先生としての思い出が今でも忘れられません。

コメントは受け付けていません。