幼稚園の先生に、親子共々助けてもらいました

幼稚園の先生に、親子共々助けてもらいました

子供が幼稚園年少の頃、初めてのお誕生日会がありました。その園では、親子で何か出し物をしなくてはいけません。初めてのことでわからなかったので、先輩ママたちに聞いて回りました。色々と考えた挙句、二人で一緒に出来るものをしようと思い、本番に向けて練習をしていました。そして本番当日、頑張って盛り上げようとしていても、こどもたちは正直な生き物です。「そんなん簡単に出来る~」「なんかテレビで見たことある~」などという声がいくつかあがりました。内心ドキドキしていたのですがニコニコしながらやっていると、途中からその先生が「うわ~すご~い!みんな見て見て~すごいことになってるよ~」とか拍手を頻繁にしてくださり、場を盛り上げてくれました。そうすると子供たちも流されるように言葉をかけてくれ、とてもいい雰囲気になり緊張が和らぎました。そのことでリラックスでき、とてもいい出し物が出来たと確信しています。そしてその翌年のお誕生日会、あの時の自信を思い出して頑張りましたが、結果は全然違いました。同じようにやったにもかかわらず、やはり先生がおとなしめの先生だったせいか、盛り上がりに欠けてしまいました。何とか切り抜けることは出来ましたが、やはり年少の時の先生はとても心強く、安心させてくれました。初めての幼稚園での生活で最高の担任の先生に見ていただけて、とても感謝しております。