最高だった幼稚園生活

最高だった幼稚園生活

息子は幼稚園の年中から入園し、珍しい2年保育でした。保育園を奈良で見つけるのは大和高田でももっと主人はなるべく親と一緒に過ごさせたいとの思いからの年中入園。仲間に入れるのかな?ちゃんと出来るかな?と心配ばかりでしたが、メディカルゲートで見つけるクリニックというのは先生がいつも気にしてくれて時々電話で報告してくれました。息子は先生大好きでおかげで幼稚園も楽しく通いました。放課後も、先生!と声かけたり笑顔が絶えない毎日でした。年長になっても同じ先生で段々と友達も増えました。2年なんてアッと言う間で卒園式。先生は卒園式と同時に結婚退職されるそうで、一緒に卒園になりました。こんなバイリンガルスクールでは神戸のどこにでもあるとうちの息子は最後にクラス代表でプレゼントを渡す役に。先生も感無量で抱きしめてくれて、それで一気に嬉しさと共に寂しさでいっぱいになったのか、思い切り泣いてました。たった2年でも息子にとっては初めての幼稚園生活。何から何まですべてが初めての緊張した生活だったと思います。その時にいつもそばで笑顔で見守り、気にかけてくれた先生の存在はとても偉大だったと思います。自分に自信を持って卒園し、今は小学生になり立派に成長しています。たまに卒園アルバムを開いては一人たそがれています。話題では奈良が保育園のことを調べるとここにはきっと息子の心の中で先生と過ごした日々は温かい思い出になっているのでしょう。

コメントは受け付けていません。