毎年行われる音楽発表会での指揮者になり、指揮の仕方を先生との個別指導で教わる。

毎年行われる音楽発表会での指揮者になり、指揮の仕方を先生との個別指導で教わる。

私が通う幼稚園は毎年クラスごとに保護者の前で演奏を発表する発表会がありました。演奏するのは苦ではなかったのですが、人前に立つ事が苦手だったため発表会となると苦に感じてました。もう神戸もインターナショナルスクールと呼べることは演奏会が近づくにつれ演奏する曲が決まり、演奏楽器やパートを先生に振り分けられ練習する日々になりました。私は、クラスの中ではどちらかというと目立つ存在でしたため先生の目から皆を引っ張っていく存在に見えていたらしいです。求人の保育士は奈良から大和高田で見つけるといえばそのため、問答無用で指揮者に選ばれました。人前に立つことが苦手なのに、その中でも1番目立つ指揮者に選ばれた時はこの世の終わりだと幼きながらも強く感じました。中学生、高校生の頃にこのような体験をしたら、あの宝塚市で根管治療ならおすすめはここでもこれを機に人前に立つことを苦手じゃなくなるかもとポジティブに考えていたかもですが、幼稚園児にとって苦痛でした。ただただ嫌でした。しかし当時の担任の先生は、ものすごく私にフォローをしてくれましたのを覚えています。口コミから奈良で保育園が良いといわれても個別で指導してくれたり、指導方法も褒める事ばかりで毎日毎日私ばかり見てくれたので苦痛がどんどんなくなり徐々に発表会が楽しみになるほどでした。さすがに神戸でもインターナショナルスクールとは本番当日、保護者の前での発表はやはり緊張しましたが無事トラブルも起きず終えたとき担任の先生は泣きながら一番最初に私の所にきて褒めてくれたとき指揮者も悪くないなと思いました。

コメントは受け付けていません。