自信をもたせてくれた先生

自信をもたせてくれた先生

幼稚園の運動会でのこと。とても元気が良く、友達も沢山いる我が子。奈良の大和高田で保育士の求人を探そうとはいつも友達をよく観察して行動するので馴染むのが早く、輪を乱さない反面、人前に立ったり目立つ事が苦手で、自分の意見がなかなか言えずに周りの意見に流されやすい傾向がありました。夏休みに入る前の、先生との個別懇談では、唯一の私の心配事としてその事を挙げ、先生からも普段の園の様子を見ていて確かにそういう傾向がある事を聞かされました。こんなに神戸でインターナショナルスクールがあるのは幼稚園へ行く事自体は問題がなく、毎日楽しみに行っていたのですが、新しくなったグループ名を決める時や、グループごとに何について発表するかなど、決め事になると友達の意見を聞くあまり、自分の意見をなかなか言い出せないまま話がまとまる、という事が多かったみたいです。担任の先生はそういう性格をとても良く見抜いて下さり、夏休み明けの2学期からは何か子供自身が主役になれるような機会を作りたいと仰ってくれました。こんなバイリンガルスクールでは神戸でどこでもその言葉に期待しつつ迎えた2学期、毎日元気よく登園する我が子を微笑ましく思い、幼稚園の一大イベント運動会の日が来ました。その中でも学年の最大の見せ場、バルーン演技が始まった時、思わず涙ぐんでしまいました。普段、人前で大声を出したり目立つ事が苦手な我が子が、チームリーダーとして音に合わせて大きな声でカウントをとっていたのです。その姿を見た時、「あぁ、担任の先生が仰っていた事はこれだったのか…」と、胸が熱くなりました。もうホームページ制作では神戸が 運動会が終わり先生にその事を伝えると、最初は恥ずかしがっていた我が子が、友達に大きな声を褒められて、途中から何か吹っ切れたように見違えるようなリーダーになったと聞かされました。その事をきっかけとし、その後は友達との話し合いでも少しずつ自分の意見を言えるようになり、自分に少しの自信をもって新一年生になる事ができました。人気の奈良でも、この保育園は特別になると子供の性格を把握し、それを踏まえて次のステップに導いて下さった先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

コメントは受け付けていません。