幼稚園の先生からクリスマスの贈り物

幼稚園児の頃、体が弱かった私は、とても楽しみにしていたクリスマス会を前に風邪をひいてしまいました。園長先生扮するサンタさんからプレゼントがもらえると聞いてわくわくしていたのに、前日から風邪の症状が出た私。その神戸でインターナショナルスクールとなるには当日は熱も上がり、もちろん欠席に。後日お友達が当日の様子を楽しそうに話してくれたけれど、嬉しさより寂しさが勝ってしまいました。それが年少さんのとき。一年後、今度こそクリスマス会に行くんだ!と意気込んでいましたが、なんとまた高熱を出し欠席。涙と鼻水でぐしょぐしょになっていましたが、それさえ疲れ果てた夕方。クリスマス会を終えたお友達が4人、今年は先生からプレゼントを預かり、サンタさんとして届けに来てくれたのです。そして、預かりもののプレゼントに加え、自作のダンスも披露してくれました。当時はその裏にある先生の気持ちにまで思い至りませんでしたが、大きくなってからわかったことがあります。クリスマス会という大きな行事で大忙しだったはずの先生たち。その中で、2年連続で出席できなかった子がいることに気付いてくれた。その子の寂しさを払拭できないかと考えてくれた。そして、仲のいいお友達にサンタさんになってあげてほしいと頼んでくれた。大人になった今、裏にひっそりと隠れた事情に気付き、寂しさに寄り添い、励ましを届けてくれた先生の優しさをあたたかく思い出しています。

理解のある先生で有り難かった

娘が幼稚園に入りたてのことです。家でもときどき落ち着きがなくなるので園での過ごし方が気にかかっていましたが、そんなバイリンガルスクールでは神戸がここと担任から相談を受けることもなく娘は楽しそうに通園していました。食が細くお弁当を残して帰ってくることも心配でしたが、家で食べるのと環境が異なるため心配しすぎるのはかえって良くないと見守っていたのです。程なく参観日になったのですが、先生の話をイスに座って聞かなければならないときにわたしが教室に入って行くと、娘がダッシュでわたしの元に駆け寄ってきてしまったのです。他の子はイスに座って振り返り親とアイコンタクトを取ったりしているなか娘はわたしの足にすり寄って離れませんでした。そんな娘を先生はだっこして自分の膝の上にのせて話を続けてくれました。当然娘は話を聞く私たちと向かい合うようになりました。後から先生にいつも落ち着きがないのか尋ねると「興味のあるところへ行ってしまいやすいけど、その都度ちゃんと連れ戻しているから大丈夫ですよ。心配なさらないでくださいね」と・・・。悪気があってやってるわけではないことをちゃんと分かってくれていたことが嬉しかったし面倒に感じていないことが分かって有り難かったです。

母を最後まで待っていたときの幼稚園の先生の優しいお気遣い

私が幼稚園生だったときの出来事、あるとき母が幼稚園のお迎えに間に合わず、待ちぼうけをしていました。人気の保育園を奈良の大和高田でもどこかで母は毎日欠かさずお迎えに来ていたのでお迎えに遅れることはなく、今回が初めてでした。なので私自身不安になってしまい、自分は何か怒らせることや嫌われることをしたのではないのか…と不安になってしまい嗚咽をあげて泣き出してしまいました。すると、幼稚園の先生は泣き出してしまった私にこう言いました。多くはエレメンタリースクールから神戸ではと後から考えても仕方がない。お母さんは毎日お迎えにきてくれているでしょう?だから、○○(私)ちゃんのことが、大好きなんだよ。だから、安心して待ってようね。そうしたら必ずお母さんはお迎えにきてくれるよといってくださりました。この言葉は今でも覚えています。そして、時期にお母さんは、お迎えに来てくれて、母にこう言いました。お母さん、この子をとっても人のお話を聞けるいい子に育てていますね。ふたりとも偉いです。こんなに神戸でインターナショナルスクールを少し今日は、お母さんもこの子も頑張っていたので、お二人にご褒美です。と二人分のアイスをくれました。本来、幼稚園の先生が通園の保護者に金品の授受は許されないことです。しかし、人気の奈良でも、この保育園はどこかで支えてくれた母、そして、私のことも見ていてくれて素敵な言葉をかけてくださった幼稚園の先生には感謝しかありません。

10年以上経っても忘れられない先生のあたたかい言葉

現在中学生の息子が保育園年長組だったときのことです。どうしても人気の保育園を奈良の大和高田でも担任だった女性の先生が、妊娠をされ、体調が思わしくなく休職されていたのですが、そのまま退職されることとなりました。入院生活が続いているとのことで、残念でしたが仕方ないのですが、みんな子どもたちも保護者も寂しく卒業式を迎えました。この神戸でインターナショナルスクールといえば卒業式にサプライズビデオが流され、その担任の先生からビデオレターが届きました。そこには20人全員の子どもたちの可愛かったところ、良かったところ、これからも伸ばしていって欲しいところを丁寧にひとりひとり伝えてくれる先生の姿がありました。何かメモを見て読むわけでもない、事前に考えて話しているような感じではない、あたたかい素直な言葉でした。ひとりひとりを本当によく見ていてくれたんだなぁと感激しました。こどもが神戸でインターナショナルスクールをゆっくり思い出しながら、保護者にはわからなかった子どもたちと先生の思い出。あのとき、○○くんがこうで○○ちゃんがこうしたんだよね、といった本当に一日一日をみんな先生と楽しんで笑って過ごしていたんだなとしみじみ感じました。子どもたちはみんな泣いていました。口コミで保育園は奈良が一番に見かけるのはとても素敵な卒業プレゼントをいただきました。先生の愛情って親の愛情とはまた違って、子どもたちの心にすっと入り込み、本当にいい人格を形成してくれるんだと思いました。もう随分経ってしまいましたが、いまでも忘れられない思い出です。

子どもの好きなものに気がつく先生

幼稚園に通う息子がいます。息子はとあるバトルアニメが大好きで、グッズをアニメのものでそろえるのはもちろん、神戸でもインターナショナルスクールといえるのはキャラクターと同じ髪型にしたがったり、しぐさや口癖を真似したりするのも好きです。幼稚園の先生でプレ幼稚園のクラスでお世話になった先生がいるのですが、年長になった今でも息子のことを気にかけてくれています。息子が好きなバトルアニメは大人にも人気で息が長いため、大人でも知っている人が多いです。プレ幼稚園のときからそのバトルアニメ一筋の息子のことを先生は覚えていてくれて、今でも幼稚園で会うと話しかけてくれます。私服の園ですが、息子がそのアニメの服を着てくるとすぐに気づいてくれますし、息子がそのアニメのキャラクターの口癖や必殺技を言っても、反応してくれるのです。その先生は、受け持った生徒の好みをすべて把握していて、進級によるクラス替えがあってもずっとそれを覚えていて話しかけてくれます。息子だけでなく、ほかの子どもたちに対してもそうです。小さい子どもにとって好きなものは絶対的な存在で、それを肯定してくれるのはとてもうれしいことだと思います。幼稚園へいきしぶりをしたり、友達とケンカしたりしたときも、その先生は息子の好きなものを見つけて話しかけてくれました。

幼稚園の先生との約束

子供が幼稚園の時に大好きな先生がいました。その先生は、学校を卒業したばかりで初めて受け持ったクラスがうちの子のいるクラスで、こんなバイリンガルスクールが神戸の中には初めての担任ということでとにかく一生懸命でした。うちの子は人見知りが激しくすぐに泣いてしまうので先生を何度も困らせていました。しかし、先生が一生懸命接してくれたおかげで、先生が大好きになり少しずつ人見知りも直って行きました。うちの子だけではなく、どの子も先生のことが大好きである日先生と約束したと子供が帰って話してくれたことがあります。それはみんなでタイムカプセルに好きな物を入れて5年後の10歳になった時に、先生とみんなで集まると約束をしたという話しでした。5年後の約束の意味がまだ5歳の子供にはあまり分かっていませんでしたが、とても楽しみにしているのが子供の話で伝わって来ました。それから、年月が経ち小学校に入って10歳になる年に1枚のはがきが届きました。それは、かつての幼稚園の子供の担任の先生からで、タイムカプセルをみんなで開けようと内容のものでした。子供も親もすっかりと忘れていたので、驚きましたが親子でタイムカプセルをあける集まりに参加しました。そこにはかつて小さな幼稚園児だった子供と親を先生が集まっていました。みんな約束が現実になったことをとても感謝しておりタイムカプセルを開けた後にはとても盛り上がりました。約束を忘れないでいてくれた先生に感謝です。

保育園の先生から誕生日祝いでハッピー!

保育園に通っている娘の誕生日祝いがあると連絡を担任の先生から聞いていたので、ここでエレメンタリースクールなら神戸ではその日は仕事を休んで誕生日祝いへ参加することにしました。早生まれの娘の誕生日月は他には誰もいないので、娘一人のお祝いになり、ビデオを持参して見学へ行ったところ、娘は色々とデコレーションしてもらい、どんなにも評判の奈良で保育園を見つけることはとても喜んでいたので嬉しかったですね。私が見学へいったところ、保育園の先生が椅子を用意して下さり、そして娘一人のお祝いを皆さん、とても和やかなムードで行って下さったので、楽しい一時になりました。神戸のどこのインターナショナルスクールでも娘に「誕生日おめでとう!」と伝えると、照れていましたがニコニコして喜び、最高の記念になりました。保育園はお誕生日など色々とイベントを用意してくれるので、子供達も楽しく通うことができます。アットホームな保育園で大きくはないですが、先生方のおもてなしが素敵で、色々とイベントを企画して下さるので、大和高田で保育士を採用するとこんなにもすぐに親は仕事に集中できますし、かなり充実した仕事と家庭との両立ができるので、満足できます。子供もイベントがあるとイキイキとした楽しい時間を過ごすことができるので、様々なことを計画して下さる先生方にはとても感謝していますし、子供との貴重な時間になります。

保育園の発表会でダンスより大事なこと

息子が5歳で保育園年中さんのときのエピソートです。神戸もインターナショナルスクールと呼べるのは息子の園では近隣の高齢者施設と交流があって、園児がダンスを披露できる発表会が定期的に開催され、それを保護者も見に行って良いことになっていました。私は見に行くことを事前に伝えていたこともあり、その時息子は大張り切りで家でも何度もダンスの練習をしていました。さすがに神戸でもインターナショナルスクールならそして迎えた本番で、なぜか息子はダンスをせずに、ダンスをしている子たちの横で一人のお友達を支えるように旗を振っていました。その後先生から少しお話を聞くと「数日前に少し足の不自由な子が入園してきて、ダンスはできないので誰か一緒に旗を振ってくれる人はいますか?と聞いてみたところ、奈良でも大和高田でも保育士の求人を求めてすぐに立候補してくれました」ということで、とても息子を誇らしく思いました。そして家に帰ってから息子を褒めると「ダンスはしたかったけど、先生が“ダンスが上手なのもかっこいいけど、お友達を助けらるのはもっとかっこいいことだよ”と言ったから、やろうと思った」と。保育園でとても大切で素敵なことを学ばせてもらっていると実感しました。そして園ではその後、少しでも奈良の話題の保育園を選ぼうとその足の不自由な子をみんなで助けるようになり、どちらかというと競うようにお手伝いしたい!みたいな感じではありましたが、みんな優しい子に育っていったように思います。

いつも見ていてくれた先生に感謝

息子が年中になる頃、単身赴任を余儀なくされ、離れ離れに住まなければならなくなりました。
また年少組で仲良くしていた友達とも年中へ上がる際にクラスが離れ離れになってしまう環境の変化が起こっていました。そして更に年中になってすぐ妹が生まれることになるのです。三つの変化が息子に降りかかりました。そのため、年中になってからは少し暴力的になってしまったり、どんなにバイリンガルスクールが神戸の中にそれまで友達といつも一緒に遊んでいた息子が一人で遊ぶようになっていったようです。自宅でも息子の変化を家族皆が感じました。小さな息子には大きすぎる変化だったのです。こんなに神戸でインターナショナルスクールがあるのはお母さんに甘えたくても妹が出来たのでそれも出来ず息子は陰ながら苦しんでいたのだと思います。そんな息子の状況を話を聞いて分かっていたのが幼稚園の先生でした。保育園を奈良で見つけるのは大和高田でも中々友達にも馴染めない息子に対していつも声をかけていただいていたそうです。無理に友達の輪に入れようとはせず、ひたすら寄り添って話を聞いていただいていたそうです。それから半年が経ち両親との面談がありました。その時に先生から頂いた言葉が今でも忘れられません。この半年間で最も成長が見られたのは息子ですといってくださいました。年中が始まった頃は本当に手がつけられなかったが最近は友達が出来、その友達にもとても優しくしていると。苦しんでいる息子に手を差し伸べたのがその友達だったみたいです。この保育園が奈良では話題といえるのはその友達が今まさに同じような状況で妹が出来て寂しい思いをしているようで二人でその話をしているようです。そんなやり取りまでも全て優しく見守ってくれていた先生に本当に感謝です。

「幼稚園の先生のあの暖かい手のぬくもりは忘れられません」

こんにちは。僕は30歳の男性です。奈良の大和高田で求人の保育士はどこでもと現在の職業としてはフリーランスとして活動しております。そんな僕の幼稚園時代の幼稚園の先生に関する嬉しいエピソードを書いていきたいと思います。宜しくお願い致します。とある日のことです。幼稚園の課題として、「自分の一番好きな人を似顔絵をかきましょう!」という課題の時間がありました。その時、この奈良では保育園の話題を聞くとどこへ行っても僕は真っ先に大好きな母方の祖母のことを思い浮かべました。思い浮かべながら、祖母の顔を画用紙へ描いていきました。自分で描いてみたものの、全然似ていなくて残念だった思い出があります。(笑)しかしながら、一生懸命に描いたのが先生に伝わったのでしょう。エレメンタリースクールなら神戸で先生が優しい笑顔で、「●君。素敵ね。その絵。とてもおばあちゃんが好きなのね。愛しているんだね」と先生が言ってくれたのです。僕は迷わず「うん。大好きなんだ。おばあちゃん。」というと、「そうなんだね。」と言って僕の手を握ってくれました。この時に先生の優しさと手のぬくもりがが伝わってきて、この神戸のインターナショナルスクールといえばとても安心できましたし、「この先生が担任で良かった」と子供ながらに思いました。そして、先生は僕の母親に「●君はとてもおばあちゃん子なんですね。優しくて強い子になりますね」と先生が言ってくれたと母親が喜んでいたのを覚えております。