怖かった幼稚園の副院長先生

もう三十年以上前のことですが、4月になると初めて幼稚園に行った日のことを思い出します。エレメンタリースクールなら神戸でもこんなにはと当時、母は専業主婦で私は一人っ子だったので、毎日1日母と二人で過ごしていることが殆どだったある日、もうお姉ちゃんだから明日から幼稚園へ行くのよと言われ、翌日母に抱っこされて幼稚園に行きました。子どもを奈良の保育園に口コミで入れるとしても当時、幼稚園がどういう場所なのか分かっていなかったと思います。幼稚園の下駄箱のところに来た時、何か置いて行かれると自分の中で危険信号が鳴ったのだと思います。そこからは、抱っこされながらの大暴れと自分でも酸欠で死んでしまうくらいの大泣きで大抵抗をしたのを今でも覚えています。そんな時、評判になっている大和高田の保育園はここからで年配の強面の幼稚園の先生(あとで副院長先生だと分かりました)がやってきて、私を母の腕からひょいっと抱き上げ、「お母さんもう帰ってください」と一言。私は副院長先生に抱っこされながら「えっ?」状態、母が遠ざかっていくのを呆然と見ながら泣くのも忘れ副院長先生に連れられ皆のいる教室へ連れて行かれました。まさにキツネにつままれたような状況。メディカルゲートで理想のクリニックとはいうのは子供ながらに、もう泣いても無駄だと諦め、大人しく幼稚園で過ごしました。今思うのは、よく幼稚園の頃の自分の感情とか思ったことを覚えているものだと思いますが、それほど子供ながらに副院長先生が強烈な印象だったのだと思います。母も未だにこのエピソードを話し、あの副院長先生は凄かったと家族で笑っています。でも、母はその後、あんな神戸でもインターナショナルスクールからは私のことが心配で副院長先生に見つからないようにこっそり教室をのぞきにいったそうです。そうしたら、私が皆と一緒に楽しそうに遊んでいてほっとして家路についたとか。我が家の懐かしい思い出です。

親子で大好きな保育園の先生

子どもが0歳の時にお世話になった先生は、とても明るい先生でした。口コミで奈良なら大和高田の保育園がここからは送りやお迎えの際は必ず笑顔でいてくださり、とても感じの良い先生だな、と思っていました。とはいえ「今日はこんなことがあったのでしっかりお話ししています〜」と伝えてくれることもあり、優しいだけでなくいけないことはきちんと指導してくれる先生なのだとも感じていました。神戸でもインターナショナルスクールといえるからには2年間子どもの保育を担当してくださり、子どももその先生が大好きでした。家で保育園ごっこをして遊ぶ際は必ずその先生の名前を使っていたほどです。けれど、保育園生活も3年目に入るとき、その先生は担当から外れてしまいました。子どもももちろん、親も残念に思ったことを覚えています。それでも園内で顔を合わせたときはにこやかに挨拶してくださり、素敵な先生だという印象は変わらず持っていました。そして4年目に入るとき、なんと再び同じ先生が担当となってくださいました。メディカルゲートで見つけるクリニックといってもそれだけで親子共嬉しかったのですが、1年間空いたこともあってか、お迎えの際に「前と比べて○○だった」という言葉掛けをたくさんしてくださいました。「前は虫が苦手だったのに、お友だちとアリを観察していましたよ」「寝る時の姿勢が前と変わらなくて微笑ましかったです」など、以前の子どもの様子も覚えていてくださり、それを伝えてもらえたことが本当に嬉しかったのです。少しでも奈良の話題の保育園を探そうと思うと卒園の際は目に涙を浮かべて送り出してくださった先生、とても良い出会いだったと今でも思っています。

保育園のブログや写真がとても楽しくてありがたかったです。

子供は保育園に預けていました。こんなバイリンガルスクールが神戸の中にももうフルタイム勤務をしていたのでとても大変で子育てはほとんど園でお願いしてもらうぐらいの勢いでした。本当に助かったなと記憶しています。新川崎でおすすめの消化器内科ならどうしてこう1歳のときからずっと同じ園に預けていたのですが一番うれしかったことは子供たちの写真をたくさん撮ってくださるところでした。保育園が評判の奈良でもこんなにも分かり合えるそれをパスワードが必要なサイトにいつもアップしてくださっていて、気軽にプリントもできるシステムになっていて、子供の園で楽しそうにしている写真などをたくさんプリントしていました。ブログも開設されていて、(こちらもパスワードがないと見れない保護者専用のブログ)保育園で一日何をやったのか、どんな様子だったのかをブログにしてくて、こちらも見るのがとっても楽しみでした。どうやって神戸のインターナショナルスクールには迎えい行くまでの電車の中でそのブログをみて迎えいに行くのでだいたい何をやったのかわかるのがとっても嬉しかったですね。園の先生が「今日は野菜を収穫したんですよ~。ゴーヤも収穫してみんなで食べました。」とブログに書いてあることを言ってもらえるととても安心しました。どこの奈良でも評判の大和高田の保育園ではここにプールに入ったよーなどもブログに書いてあると楽しそうにしているなというかんじでとっても安心できたんです。

幼稚園の先生の歌や読み聞かせが楽しかったです

私の母は持病があり、小さなころから私と遊んでくれることがなくて寂しかったです。ここでエレメンタリースクールなら神戸では少しも幼稚園へ行ったら先生がたくさん遊んでくれたんですよね。私は絵を描くことが好きだったのですが、先生も一緒に描いてくれたり、私が描いた絵に色をつけてくれたことがすごく嬉しかったのを覚えています。また、神戸からはホームページ制作をお願いするともう私は歌も大好きなのですが、家で歌を歌うと母の体調が悪くなってしまうと言われて禁止されていました。でも幼稚園だったら先生と一緒に思いっきり大きな声で歌ことができましたし、歌を歌いながら踊ることもできたのですごく楽しかったです。先生から新しい歌を教えてもらうことが、楽しみだったんですよね。また、幼稚園の先生はたくさんの絵本を読み聞かせしてくれました。うちには絵本があっても母が読んでくれることはなかったので、先生が毎日読んでくれるお話をとても楽しみにしていました。子供だったので母が病気で色々とできないことが理解できなくて、毎日寂しく思っていましたが、そのかわり幼稚園の先生が色々な楽しいことを私と一緒にしてくれたので毎日笑顔で過ごすことができました。あの優しい先生がいたから、神戸からこんなインターナショナルスクールでも幼稚園に通うことが嫌だと思ったことがありませんし、良い思い出になっています。

毎年行われる音楽発表会での指揮者になり、指揮の仕方を先生との個別指導で教わる。

私が通う幼稚園は毎年クラスごとに保護者の前で演奏を発表する発表会がありました。演奏するのは苦ではなかったのですが、人前に立つ事が苦手だったため発表会となると苦に感じてました。もう神戸もインターナショナルスクールと呼べることは演奏会が近づくにつれ演奏する曲が決まり、演奏楽器やパートを先生に振り分けられ練習する日々になりました。私は、クラスの中ではどちらかというと目立つ存在でしたため先生の目から皆を引っ張っていく存在に見えていたらしいです。求人の保育士は奈良から大和高田で見つけるといえばそのため、問答無用で指揮者に選ばれました。人前に立つことが苦手なのに、その中でも1番目立つ指揮者に選ばれた時はこの世の終わりだと幼きながらも強く感じました。中学生、高校生の頃にこのような体験をしたら、あの宝塚市で根管治療ならおすすめはここでもこれを機に人前に立つことを苦手じゃなくなるかもとポジティブに考えていたかもですが、幼稚園児にとって苦痛でした。ただただ嫌でした。しかし当時の担任の先生は、ものすごく私にフォローをしてくれましたのを覚えています。口コミから奈良で保育園が良いといわれても個別で指導してくれたり、指導方法も褒める事ばかりで毎日毎日私ばかり見てくれたので苦痛がどんどんなくなり徐々に発表会が楽しみになるほどでした。さすがに神戸でもインターナショナルスクールとは本番当日、保護者の前での発表はやはり緊張しましたが無事トラブルも起きず終えたとき担任の先生は泣きながら一番最初に私の所にきて褒めてくれたとき指揮者も悪くないなと思いました。

幼稚園のときの遠足で食べたお弁当の話

私が幼稚園生のときに母親が病に倒れ、病院にずっと入院していました。どんなにバイリンガルスクールが神戸の中には当然、物心がついていない頃だったので日々の詳しい記憶は残っていませんが、母親が家にいないこともあり、また父親が料理を一切しない人だったこともあってインスタントラーメンやパンを毎日食べていたことはよく覚えています。遠足で近くの動物園に行った日のことですが、お昼ご飯の時間になったときに私だけお弁当がなくて泣きそうになっていました。みんなママが作ってくれたお弁当を早く食べたいと言っているのに、母親が入院していたこともあって私にはお弁当がありませんでした。根管治療でおススメの歯科医院が満載なのはどこかではあまりにも惨めだったので今でもそのときの光景をよく覚えていますが、みんながお弁当を食べ始めたときに自分だけお弁当がないことがあまりにもつらくて号泣しました。すると、若い女性の先生が何故か私にお手製のお弁当と水筒を持ってきてくれました。どうして先生が私のお弁当を作ってくれたのか分からず、しかしとても嬉しかったので再び号泣しました。大人になってから父親にこのときの話を聞いて初めて知ったのですが、実は父親はスーパーで買った菓子パンを私に持たせていたそうです。ですが遠足の出発前にそれを知った若い女性の先生があまりにも可哀想だと思ったらしく、急遽、家に帰ってお弁当を作ってくれてそれを遠足で訪れた動物園までわざわざ持ってきてくれたとのことでした。先生達の前で泣きながら美味しいお弁当を食べたのを今でもはっきり覚えています。悔しいのと恥ずかしいのと嬉しいのと、母親が入院して家にいないことを寂しく感じ、そして先生が私の為に作ってくれたのがとにかく嬉しくて泣きました。これまでの人生で色んなお弁当を食べてきましたが、最も思い出深いのは先生が作ってくれたこのときのお弁当です。情けないことにその先生の名前も顔も覚えていませんが今でもとても感謝しています。あのときの先生には心からありがとうと言いたい気持ちでいっぱいです。

子育て中、幼稚園の先生とのあるやりとり

三人の子供の子育て中のこと、子供は幼稚園に通っていました。ちょうど一番下の子供が産まれて間もない頃一番上の子は幼稚園の年長さん、真ん中の子は年少さんに入園した頃でした。エレメンタリースクールなら神戸でもこんなにはと三人目の子育てで自分自身は日々の大変さはあっても少し子育てには慣れてきたところでもありました。真ん中の子は入園間もない頃でしたが、兄の通う幼稚園は少なからず見慣れた場所でもあり、その時の担任の先生は私自身も良く知るとてもベテランの先生でとても安心感もある中の幼稚園生活のスタートでした。朝比較的出社時間にゆとりのあった夫の協力もあり、乳幼児を抱えた朝の忙しい時間帯の幼稚園の送迎は夫が楽しんで協力してくれていました。どの尼崎の胃カメラ検査で評判のクリニックではとところが兄も一緒に通っている安心していた場所の幼稚園へ向かう中、頻繁に真ん中の息子は泣き叫ぶことがありました。原因はいつも分からず夫も困り果てながら、なだめながら悪戦苦闘している日々が続いていました。そんな日々の時、私が担任の先生にご相談させていただいた時がありました。何か子供の不満なんかが分かるかもしれないと思ったからです。すると先生からはしばらく朝幼稚園に送りに来るのをお母さんが来て下さいといわれました。一番下のお子さんをご主人に預けて来てくれないか?と言われ驚きました。そんなことで解決するのかと。言われた通り次の日からは主人と入れ替わり送りに行きました。するとその日からあんなに泣き叫んでいた息子がぴたりと泣き止み幼稚園に向かうようになりました。先生いわく、やはり赤ちゃん返りのような赤ちゃんにお母さんを取られたと思っているかもしれないという事でした。さすがベテランの先生からのアドバイスであっという間に悩みも吹き飛んでしまい、三人の子育てを楽しめるようになりました。幼稚園の先生には本当に感謝しています。

幼稚園の先生のくれた言葉

私の親は、自分の子供のことを全く褒めない人でした。神戸でもインターナショナルスクールといえる所は友達の母親と話す時はうちの子なんて勉強も出来なくて、運動もダメでいいところがない。と言ったふうな事を言います。謙遜もあったとはいえ、とにかく一切褒めません。家では○○さんところの○○ちゃんは、家の手伝いするってよ、とか勉強出来て偉い、こんなに人気の奈良でも大和高田で保育園でも少しはと言った風に他の子のことは褒めます。家ではそんな感じだったのですが、当時の幼稚園の先生は生徒をよく褒めてくれる先生でした。「笑顔がいい、あなたの笑顔を見ると、先生も気持ちが明るくなる!」と私以上に素敵な笑顔で言ってくれる先生でした。メディカルゲートで出会える理想のクリニックでいつも暖かく、やさしい先生。幼稚園にいくのは最初は気が乗らなかったけど、先生のおかげで幼稚園に行くのはいやじゃなくなり、そうして友達も出来たことで、様々な楽しみも見つけることができました。家にいると暗い気持ちになっても、学校にいけば、先生がいて、友達もいて心から笑うことができる。評判の奈良でも保育園はどこにもかなりといえるそういうこともあるんだな、ということを小さいときに知れて本当に良かったと思います。学校というと、いじめやセクハラなど問題が起きることもありますが、逃げ場になったり、こんなに神戸でインターナショナルスクールがあると救いの場になったりすることもあると思います。幼稚園の先生がやさしい女の人でよかったです。

卒園してからも見守ってくれる保育園の先生

我が家は三姉妹です。小学生と中学生なので卒園してからかなりたちます。この人気の奈良でも大和高田で保育園が良いのことは娘二人が通ってた保育園は自宅や学童から近いということもあり今だにひょっこり遊びに行ったり先生から声をかけられたりと嬉しいことに繋がりがあります。新川崎のおすすめ消化器内科はもっともよいことは卒園してからも暖かく成長を見守ってくれてくれてる先生や園長先生の優しさにとても嬉しく思います。あらためてここの保育園に預けてよかったなとつくづく思います。今の世の中は虐待など暗いニュースがとても目立つ中、こんなバイリンガルスクールが神戸の中にはあっても子供と大人のコミュニケーションをとるということはとても大切なことだなと思ってます。こういう声掛けや見守りが保育園と保護者の信頼関係にも繋がると思います。最近3人目が生まれました。上の二人とは10歳以上離れてます。4月からは保育園に通うことになりますが、もちろん姉二人が通った保育園に無事入ることができそうです。先日入所の件で保育園から電話がありました。この神戸のインターナショナルスクールといえばもう「またお世話になります(私)」「楽しみにまってるよー!」と嬉しい言葉をかけていただきました。私も保育園に預けるのがとても楽しみで仕方ありません、評判の奈良でもここの保育園はそんなにもよくと保育園も10年振りなので初心に戻り先生方のアドバイス頂きながら日々の育児と仕事の両立を楽しみたいと思ってます。

最後まで一緒にいてくれた幼稚園の先生

私の両親は都内で共働きをしており、私を幼稚園に迎えにくるのはいつも最後の最後だった。ここでエレメンタリースクールなら神戸でももう母親が来るまでいつも迎えに来てくれるのだが、その日はいつも以上に遅かった。園児が一人また一人と去っていくのを見ながら私は首を長くして母を待っていた。夕方から夜になり、いつも18時ぐらいに迎えに来てくれるはずだがその日は19時になっても来なかった。そんな時はいつも幼稚園の先生、たぶんパートの方だったと思います、が私と一緒に遊んでくれました。ただ子供心にとても無理して遊んでくれている事は薄々気づいていました。それでもその幼稚園の先生、歳はとても若い方でした、の優しさにとても助かった記憶があります。胃カメラ検査で痛みが少ないクリニックはもっと普段他の園児が占領しているおもちゃやぬいぐるなどを持ってきてくれて、少しでも不安にさせないように必死で頑張ってくださいました。ただ私はそれでも外の車の音が気になってしまい、ちょっとで音が聞こえると、おもちゃをほっぽりだしてすぐに暗い駐車場をチェックしていました。その日は結局母が迎えに来たのは20時近かったと思います。その幼稚園の先生は最後の最後まで私と一緒にいてくれました。若い女性の先生だったのですが、本当に幼稚園の先生として働くことに生きがいを見出している方だったと記憶しています。その幼稚園ではその方以外結構年季の入った方ばかりだったので、とても今でも記憶に残っています。