最後まで一緒にいてくれた幼稚園の先生

私の両親は都内で共働きをしており、私を幼稚園に迎えにくるのはいつも最後の最後だった。ここでエレメンタリースクールなら神戸でももう母親が来るまでいつも迎えに来てくれるのだが、その日はいつも以上に遅かった。園児が一人また一人と去っていくのを見ながら私は首を長くして母を待っていた。夕方から夜になり、いつも18時ぐらいに迎えに来てくれるはずだがその日は19時になっても来なかった。そんな時はいつも幼稚園の先生、たぶんパートの方だったと思います、が私と一緒に遊んでくれました。ただ子供心にとても無理して遊んでくれている事は薄々気づいていました。それでもその幼稚園の先生、歳はとても若い方でした、の優しさにとても助かった記憶があります。胃カメラ検査で痛みが少ないクリニックはもっと普段他の園児が占領しているおもちゃやぬいぐるなどを持ってきてくれて、少しでも不安にさせないように必死で頑張ってくださいました。ただ私はそれでも外の車の音が気になってしまい、ちょっとで音が聞こえると、おもちゃをほっぽりだしてすぐに暗い駐車場をチェックしていました。その日は結局母が迎えに来たのは20時近かったと思います。その幼稚園の先生は最後の最後まで私と一緒にいてくれました。若い女性の先生だったのですが、本当に幼稚園の先生として働くことに生きがいを見出している方だったと記憶しています。その幼稚園ではその方以外結構年季の入った方ばかりだったので、とても今でも記憶に残っています。

幼稚園の先生との年賀状

次女の幼稚園の時の園長先生の話です。神戸もインターナショナルスクールと呼べて次女はどちらかと言うと頑固で子供の頃から自分がこうと思った事は曲げずにやってました。協調性がないとマイナスにとらわれることもありましたが、園長先生だけは違いました。自分のやりたいことをしっかりやり遂げる能力、この人間能力は重要なので伸ばしていってくださいと幼稚園時代から応援してくれていました。神戸からはホームページ制作をお願いするには幼稚園の卒業も園長先生を尊敬していたので年賀状のやりとりも。勉強が大好きだったので、どんな大学に行きたいと言う希望も園長先生はすべてご存知でした。そして中学受験に合格した日は、試験でうまくいかなかった日は時折幼稚園に顔を出して先生と会話をしていたそうです。そんな彼女が希望の大学に合格し、幼稚園に報告に行った時、先生はまだご健在で涙を流して喜んでくれたそうです。その後、鹿児島の根管治療専門医でおすすめはここでも成人式の写真も2人と本当に関係を続けています。こんな先生と思ってやっていける、それも幼稚園の時に出会うことができ自分自身の良い点を応援してくれるなどなかなかないと思います。きっとこれからも彼女を応援してくれる、インターナショナルスクールを神戸で体験するとそんな存在でいてくれるのではないかと信じています。本当にそう考えてしまうほどありがたいほどです。

幼稚園の先生がしてくれたこと。

幼稚園入園すると、神戸でインターナショナルスクールといえばもう風邪などの体調不良とは無縁だった娘が、よく熱を出したり、下痢をしたりするようになりました。ある日、いつものように3日くらいお休みしてまた幼稚園に行くと、その帰り道、娘は、今日、金魚を作ったのと言い、それがどんなに綺麗にできたかをずっと話しました。とても興奮して話すので、久しぶりの幼稚園、そんなに楽しかったんだと思いながら、聞いていました。そう、それは素敵ねなどと相槌を打ちながら話を聞いていると、どうも皆と一緒にではなく、先生と二人だけで作ったようでした。おかしいと思い、メディカルゲートは全国のクリニック情報が満載のみんなは作らなかったの?と聞くと、みんなは前に作って、自分は今日作ったとのことでした。どうも、掲示されているお友達の金魚を見ていたら、先生から作りたい?と聞かれて、お休み時間に一緒に作ったようでした。そもそも娘は積極的に誰かと話すタイプではないので、神戸からはホームページ制作をお願いするともう金魚づくり以上に、自分だけを先生が見てくれたこと、上手ね、綺麗ねと声をかけてくれたことが嬉しかったのだと思います。体調を崩してお休みしたのはこちらの都合で、公立の幼稚園でたくさんの園児がいる中で、1人の園児の気持ちに気付き、対応してくれたこと、こんなに神戸でインターナショナルスクールを少しは嬉しく思いました。娘にとっても忘れられない日になったことと思います。

自信をもたせてくれた先生

幼稚園の運動会でのこと。とても元気が良く、友達も沢山いる我が子。奈良の大和高田で保育士の求人を探そうとはいつも友達をよく観察して行動するので馴染むのが早く、輪を乱さない反面、人前に立ったり目立つ事が苦手で、自分の意見がなかなか言えずに周りの意見に流されやすい傾向がありました。夏休みに入る前の、先生との個別懇談では、唯一の私の心配事としてその事を挙げ、先生からも普段の園の様子を見ていて確かにそういう傾向がある事を聞かされました。こんなに神戸でインターナショナルスクールがあるのは幼稚園へ行く事自体は問題がなく、毎日楽しみに行っていたのですが、新しくなったグループ名を決める時や、グループごとに何について発表するかなど、決め事になると友達の意見を聞くあまり、自分の意見をなかなか言い出せないまま話がまとまる、という事が多かったみたいです。担任の先生はそういう性格をとても良く見抜いて下さり、夏休み明けの2学期からは何か子供自身が主役になれるような機会を作りたいと仰ってくれました。こんなバイリンガルスクールでは神戸でどこでもその言葉に期待しつつ迎えた2学期、毎日元気よく登園する我が子を微笑ましく思い、幼稚園の一大イベント運動会の日が来ました。その中でも学年の最大の見せ場、バルーン演技が始まった時、思わず涙ぐんでしまいました。普段、人前で大声を出したり目立つ事が苦手な我が子が、チームリーダーとして音に合わせて大きな声でカウントをとっていたのです。その姿を見た時、「あぁ、担任の先生が仰っていた事はこれだったのか…」と、胸が熱くなりました。もうホームページ制作では神戸が 運動会が終わり先生にその事を伝えると、最初は恥ずかしがっていた我が子が、友達に大きな声を褒められて、途中から何か吹っ切れたように見違えるようなリーダーになったと聞かされました。その事をきっかけとし、その後は友達との話し合いでも少しずつ自分の意見を言えるようになり、自分に少しの自信をもって新一年生になる事ができました。人気の奈良でも、この保育園は特別になると子供の性格を把握し、それを踏まえて次のステップに導いて下さった先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

最高だった幼稚園生活

息子は幼稚園の年中から入園し、珍しい2年保育でした。保育園を奈良で見つけるのは大和高田でももっと主人はなるべく親と一緒に過ごさせたいとの思いからの年中入園。仲間に入れるのかな?ちゃんと出来るかな?と心配ばかりでしたが、メディカルゲートで見つけるクリニックというのは先生がいつも気にしてくれて時々電話で報告してくれました。息子は先生大好きでおかげで幼稚園も楽しく通いました。放課後も、先生!と声かけたり笑顔が絶えない毎日でした。年長になっても同じ先生で段々と友達も増えました。2年なんてアッと言う間で卒園式。先生は卒園式と同時に結婚退職されるそうで、一緒に卒園になりました。こんなバイリンガルスクールでは神戸のどこにでもあるとうちの息子は最後にクラス代表でプレゼントを渡す役に。先生も感無量で抱きしめてくれて、それで一気に嬉しさと共に寂しさでいっぱいになったのか、思い切り泣いてました。たった2年でも息子にとっては初めての幼稚園生活。何から何まですべてが初めての緊張した生活だったと思います。その時にいつもそばで笑顔で見守り、気にかけてくれた先生の存在はとても偉大だったと思います。自分に自信を持って卒園し、今は小学生になり立派に成長しています。たまに卒園アルバムを開いては一人たそがれています。話題では奈良が保育園のことを調べるとここにはきっと息子の心の中で先生と過ごした日々は温かい思い出になっているのでしょう。

幼稚園嫌いだった私を慰めてくれた先生

私は幼稚園生だった頃、お勉強の時間が憂鬱で毎朝泣いていました。ひらがなや数字の勉強があり、特に工作の時間が苦手でした。奈良でも大和高田で採用できる保育士となるとあまりセンスがないにも関わらず、0から1を作る作業が頭の中を見られている気分がしていたのです。登園すると、すぐに先生のもとへ走って「今日は工作の時間ある?」と聞いていました。こんなバイリンガルスクールが神戸の中では「今日は工作するよ。」なんて言われた日には、もう友だちとの遊びも楽しくありませんでした。工作の時間中は、ワイワイはしゃぎながらモノづくりする友だちを横目に黙々と作業して過ごしていました。そして、そんな私もなんとか卒園を迎えた日。先生は園児たちとの別れが悲しくて、泣いていました。本当に評判の良い内科や歯科医院はどこかといつも明るくて、お母さんがわりに思っていた先生も泣くんだなぁ、なんて思って卒園式が過ぎていきました。このまま小学生になるのかなんて思っていた時、卒園証書を受け取る順番がきました。そのとき、先生に思いがけないことを言われました。このインターナショナルスクールなら神戸でもこの「工作の時間、良く頑張っていたね。」いつも忙しそうだった先生に自分のことを気にかけてくれていたのがとても嬉しかったです。今思えば、毎朝「今日は工作があるの?」なんて聞いてくるなんて、仕事の邪魔をしていたと思います。お泊り保育だって、母が恋しくて、一人夜中までめそめそ泣いていました。話題の保育園を奈良で見つけようとするともっとも運動会だって、集合写真では一人違う方を見ていました。卒園式での先生の一言が、私にとって忘れられない思い出になりました。

幼稚園の先生に娘の個性を認めてもらえて

娘はごく普通の子ですが、幼稚園生の頃は本当に自由人で自分のしたいように行動していました。そんなバイリンガルスクールでは神戸がここにも元々自由な好きな子で強制されてもそれをやろうとしません。もちろん娘のそういう性格を分かっていますから強制などしませんでしたが幼稚園に入れば集団行動が必要になります。幼稚園生になる前までは食事の時間も細かく決めず寝る時間もいい加減でした。娘のペースにこちらが合わせていたのです。幼稚園に入ったばかりの頃、心配していた集団行動が出来ない娘を見てわたしは悩みました。根管治療ならおすすめの岡山の歯医者であすにもわたしの育て方が悪かったのだと自分を責めたのです。だけど厳しく言い聞かせたところで娘は反発するばかり・・・。それはそうですよね、今まで良いとされてきたことを急にダメと言われても意味が分かるはずないのです。わたしは悩み幼稚園の先生、主に担任の先生にそれについて相談しました。集団行動が苦手で自由な行動を取ってしまうと担任の先生が苦労するだろうと思ったからです。しかし結果は違いました。担任の先生は娘の自由さを素晴らしいと認めていたのです。神戸ではインターナショナルスクールを巡るといっても娘が集団行動を取れないことについても困っていなくて、娘の個性を認めのびのび伸ばしていきたいとおっしゃってくれて涙が出ました。

参観日での先生の言葉に感謝

私には長男と2歳下の長女という二人の子どもがいるのですが、ここでエレメンタリースクールなら神戸でもと長男が通う幼稚園の担任の先生に対して感動したことがあります。当時、長男は年少クラスで入園したばかりで、長女は2歳でまだ未就園児でした。長男の初めての保育参観が行われた日、長女と手を繋いで二人で参加しました。長男は保護者がたくさんいる状況に少し驚きつつも、楽しそうにお友達と手遊びやダンスをしていました。私は参加できなかった夫のためにも写真や動画を撮ろうとしていたのですが、動き回る長女を追いかけ回すのが大変でヘトヘトでした。胃カメラ検査で痛みが少ないクリニックはもっと長女が私の手をすり抜けて先生の所に行ってしまった時、先生は優しく長女に話しかけてくれました。「長男くんの妹ちゃんも、一緒に遊んでいいかな~?」とクラスの皆に声をかけてくれたのです。その後は、クラスの子に混じって長女はニコニコと遊んでいました。参観が終わった後、先生に「ご迷惑お掛けして…」とお詫びしようとしたのですが、「とんでもないです!小さい子と遊ぶのは皆にとってもいいことですから、大丈夫ですよ」と仰ってくれました。私はその言葉を聞いて、嬉しさと同時に安心感を感じました。この先生になら安心して長男を任せられると思ったのです。信頼できる幼稚園だと分かったので翌年に長女を年少々クラスに入園させましたが、とても楽しそうに通っています。二人とも卒園まで元気に過ごしてほしいと願います。

娘を見守る幼稚園の園長先生

もう、我が家の娘は20歳になります。しかしながらいまだに年賀状のやりとりが続いています。そんなバイリンガルスクールでは神戸がここからというのも娘が幼稚園時代からクラシックバレエを習っていたこともあり、発表会にきてもらっていたのです。そして、幼稚園を卒園した後も発表会には必ず顔を出してくれていました。ご本人もクラシックバレエを幼い頃から習っていたようで、以前食事をしたときに聞いたのですが本当は頃になりたかったそうです。ですから、痛みが少ない胃カメラ検査で評判の千葉のクリニックは私の娘は年齢とともにプロを目指すと言う話を聞いたときに本当に応援したくなったと言うことで成長を見守ってくれていました。もちろん男親である私は、もともとは園長先生ともそれほどコミニケーションがありませんでしたが、時折会食もするようになり、我が子のように見守ってくれるその眼差しに親しみを覚えるようになっていました。その先生も、70歳を超え毎年発表会に見に来てくれる、それもプロとなった娘のダンスを見てくれる事は本当にありがたいと思っています。なかなかこのような関係を築くことが難しい時代、クラシックバレエを通じて娘の成長を見守ってくれるこんな先生に出会えた事は娘にとっても本当に幸せなことに違いありません。これこそまさに恩師だと言えると思います。

娘をおんぶしてくれた優しい先生

保育園に通う子供が熱を出すことはよくあること。その日は、いつものように娘は元気に登園していきました。でも、子供の熱発って突然なんですよね。奈良の大和高田で保育士の求人を探そうとも 昼過ぎになった頃、仕事をしていた私の職場へ保育園から「熱が高いので迎えに来てもらえますか?」という電話がありました。仕事は忙しかったですが、とりあえず迎えに行くしかないので、仕事を早々に切り上げ急いで保育園へお迎えに。手荷物も多く、仕事を途中で切り上げなければならなかった私は、園に到着するとかなり疲弊していました。口コミで奈良の保育園を抑えるとここにはお昼寝の時間ということもあり、我が子は布団で横になってぐったりしている様子です。かなり熱が高いのでしょう。自分は荷物も多いし汗だくになっているけど、この子を歩かせて帰宅するのは可哀想なのでおんぶしていくしかないなと、そばに座り込んだ時でした。担任の先生が私より先に、黙って我が子をおんぶしてくれたのです。そんなに神戸のインターナショナルスクールが良いとはあまりにも突然の行動に驚きました。おそらく最初からおんぶしていこうと思っていてくれたのでしょう。そのまま保育園の外へ出て、家の近くまでおんぶして連れて行ってくれました。保育園の中だけではなく、子供はもちろん、その親にさえもしっかり向き合ってくれている先生に、本当に感謝しました。多くのエレメンタリースクールの中で神戸ではこの先生には、今でも下の子を担任してもらっていますが、安心して預けられています。