先生のアイディア

私が通った幼稚園には3つのクラスがありました。多くのエレメンタリースクールの中で神戸からどこへ私のクラスは真ん中の「ばら組」。笑顔のまぶしい先生でした。秋に、みんなで芋ほりをしたことを絵にするという課題が出されました。私は何も考えず、まずは田んぼから書こう!と、画用紙の3分の2を茶色で塗りつぶしていました。時間がたってから周りを見てみると、みんなは芋をメインに描いていました。芦屋市の歯医者で口コミで人気のなるとどうにか私は画用紙いっぱいに茶色の田んぼ。みんなと違っていることが恥ずかしくなってしまいました。そんなとき、先生が来てくれて「ニコッ」と笑顔を見せ、その瞬間、私が画用紙の四隅をまだ塗りつぶしていなかったところに目をつけ、その田んぼを大きな大きな芋の形に手直ししてくださったのです。色も茶色ではなく、神戸でホームページ制作ではもうどんなにしても赤を混ぜてサツマイモらしい色を作ってくれました。その後自分で、上から赤茶色を塗り直し、オリジナリティのあふれる絵が完成しました。何とその絵は入賞。自分が恥ずかしいと思っていたところに、少しのアイディアを加えることで、こどもが神戸でインターナショナルスクールはと素敵な作品に変えてくださった、失敗しそうになったところからでも自信を与えてくださったというところに、今でも心が温かくなり、プロの先生だと敬意を感じるばかりです。

幼稚園での体操教室で短大卒業したての先生に密着!

僕が通っていた幼稚園は放課後活動が盛んでした。どんなバイリンガルスクールが神戸の中にはどこかでサッカー教室、鼓笛隊、そして体操教室などがあり、園児は希望する教室に入る事が出来たのです。本当は僕は幼稚園が終わったらすぐに家に帰りたかったのですが、無理やり親に体操教室に入らさられたのです。最初の頃は嫌で嫌で仕方のなかった週2回の体操教室。ところがある出来事を境に僕は体操教室のある日が楽しみになったのです。それは短大を卒業したばかりの若い先生が体操教室の担当になったからです。その先生はまゆみ先生と言いました。当時、幼稚園児の僕が見ても、まゆみ先生はとてもかわいい人だったのです。どの芦屋で矯正歯科治療なら評判になるといってももう今で言うと、坂系アイドルにでもいそうな感じです。僕はどちらかと言うと運動は苦手な方でした。跳び箱、鉄棒と何をやってもうまく行きません。そんな僕にまゆみ先生は他の園児よりも多く付き添って、僕に運動を教えてくれたのです。「ほら、ここでグッと足を持ち上げて〜」そう言ってまゆみ先生は僕のおしりを体全体で押して逆上がりが出来るように手伝ってくれます。そんな時、決まってまゆみ先生の体は僕に密着しています。まゆみ先生の胸はそれほど大きくはありませんでしたけれど、ギュッと僕の体を彼女が持ち上げたりする時、モロにそのオッパイが僕に当たりました。その他、でんぐり返しをした後、バランスを崩したりして、まゆみ先生に抱きついたり・・・。思いっきりまゆみ先生のオッパイとかお尻に偶然を装って触っていましたけれど、先生はとても一生懸命に運動を僕に教えてくれていたからか、神戸の近くでホームページ制作を頼むのは少しも僕がわざと触っている事に全く気が付きませんでした。まゆみ先生、抱きつくといつもいい匂いがしたんですよね・・・。大人になった今でもまゆみ先生と同じ匂いを嗅ぐと、手のひらにあの時たくさん触ったオッパイの感触が蘇ってくるかのようです。

先生のおかげで苦手克服

私の娘は小さい時からにんじんが大嫌いでした。どんなに小さくしても絶対に残すほど、そんなバイリンガルスクールでは神戸のここならにんじんは何んが何でも食べてくれませんでした。そんな娘が幼稚園に入園しました。入園して2ヶ月くらいがすぎた頃、幼稚園でカレーパーティーがありました。カレーににんじんはつきもの、おそらくにんじんだけキレイに残すのだろうなと思っていました。その日のお迎えに行った時に先生と話す機会があり、どんなに人気の奈良でも大和高田で保育園が少しには今日のカレーパーティーの話題になりました。先生にカレー全部完食していました。と言われたので、にんじんもですかと聞いてしまいました。すると先生は不思議そうな顔をして、にんじん嫌いだったんですか?と尋ねてきました。メディカルゲートで出会える理想のクリニックから私はどんなに小さいにんじんでも残すほど、大のにんじん嫌いですと説明しました。すると先生が、何気なくにんじんがたくさん残っているようだったので、にんじん食べないの?嫌い?と娘に聞いたところ、人気の奈良でも、この保育園はどこかといっても嫌いじゃないと答えて、皿に入っていたにんじんをものすごい勢いで食べはじめだそうです。おそらく先生に言われて負けず嫌いの血が騒いだのかなと思いました。親が言うよりも先生に言われるといつもは出ない勇気が出るんだなと感心しました。それ以来家でも普通ににんじんを食べれるようになりました。あの兵庫でも神戸ではインターナショナルスクールには幼稚園の先生の力は偉大だなと感じました。

人見知りな息子が話しかけた幼稚園の担任の先生

幼稚園年中の息子は人見知りで積極的に話すタイプでなく、ここの多くはエレメンタリースクールから神戸に大人にはほとんど自分から話しかけません。年少の時には7月時点で2言しかお喋りを聞いたことがないと、担任の先生に言われてしまいました。そんな息子ですので、年中に進級後の新しい担任の先生にも、あの保育園が奈良では話題といえることからなかなか話さないだろうなぁと不安が募ります。他にも何かと飲み込みが悪く、手がかかるタイプの息子ですので、私は懇談を恐れていました。そして電話懇談です。電話を取ると「お友達とも仲良く楽しそうにやってます」との事で、もう奈良で大和高田で保育士を採用しようといって第一声は安心しました。次は私が気がかりだったお喋りについてです。先生の方からお話を切り出され、「私に、タンポポあるよって言ってくれたんです」と先生の方が嬉しそうでした。まさかの報告で、嬉しさと安堵が同時に押し寄せます。あの息子が先生にそんなことを言ったんだと思うと感動です。それだけで充分でしたが「他には何か先生に話しましたか」と質問しました。すると「水筒を園庭に忘れて来た時に、水筒がない事を教えてくれましたよ」との事です。困った時には先生に話しに行くそうで、これは神戸がインターナショナルスクールからとも息子の成長以上に先生に懐いて馴染んでいることが分かりました。先生がうまく教育してくださったとしか思えません。

温かさでいっぱいの幼稚園

子供が2年間お世話になった幼稚園。この神戸でインターナショナルスクールといってもう年長で卒園も間近という時に、私に大病が見つかってしまい、急を要したため、そのまま入院を余儀なくされました。通っていた幼稚園は、小規模でアットホームな雰囲気、先生方との距離も割と近い感じでした。私が病気と知り、当時担任だった先生が気にかけてくださって、もうホームページ制作では神戸がいえることには子供の様子を連絡帳やお手紙で知らせてくれていました。こちらも安心して子供を預けられ、治療に専念することが出来ました。卒業式が近づいてきました。検査結果の微妙だったラインを超え、ギリギリのところで許可が下りました。幼稚園には直前までわからないと伝えていたので、出席には驚いたのではないかと思います。園長先生は、涙目で迎えてくれました。どんなに口コミすると奈良の保育園でもとはいえ廊下では教頭先生に呼ばれ、「絶対に治るから。」と励ましていただきました。教頭先生も大病の経験者で、発症年齢が私と一緒だったので自分と重ねて見ておられたのかもしれません。今では寛解されているとのことで、力強い一言でもありました。卒園式が終わり、担任の先生からも、温かい言葉を掛けていただけて、涙があふれかえった一日でした。芦屋で矯正歯科治療なら評判になると言われて引っ越しが数日後に控えていたこともあり、先生方から子供宛てにメッセージをたくさんいただきました。担任でなかった先生も、メッセージの内容から、しっかりと見守ってくださっていたことを知って、感謝しかありませんでした。もう、5年前の話になります。大和高田で保育士を採用するとこんなにもすぐには子供と一緒に大切に毎日を過ごしています。今でも、その幼稚園の先生方とはお手紙の交流があります。

幼稚園の先生は忙しい!でも先生は息子の事を理解していました。

大好きなM先生。実は初めの印象があまり良くありませんでした。バイリンガルスクールでは神戸でのどこにいてもバスの送迎の時に挨拶をしても目が合わなかったときがあったのです。たまたま上の空だったのかもしれませんが、親としては「プロ意識あるの?」みたいな厳しいことを思ってしまいました。年長になり息子の担任がM先生になりました。すると息子は「やった!嬉しい!」と大喜び。どうやら幼稚園の中で一番好きな先生らしいのです。子供がそういうのであれば私が誤解している部分もあるのかな、と思い、東京や大阪でのおすすめ医院情報ならここでもしばらく様子を見ていても息子は毎日のように楽しく園に通いM先生の話をよくしてくれます。しばらくしてM先生との電話面接がありました。その年は新型コロナの影響でイレギュラー対応ばかり。参観日も中止、先生と親との日常的な会話もほぼなく、正直幼稚園で息子がどんな感じなのか全くイメージできず私も不安になっていました。しかしM先生との面接で私の不安は無くなりました。息子はあまり目立つタイプではないため、人見知りの部分や自主性が無いことを親の私が先生に伝えたうえで様子を教えてほしかったのですが、神戸といえばホームページ制作するのはほんとにM先生は私が伝えなくても息子の性格を十分に理解していました。そして今では、わからないことは自分から先生の所に聞きに行くことが出来るようになった、と教えてくれたのです。息子の性格を否定することも無く、人見知りや自主性の無さというよりは、自分勝手なことはせず、まわりを気遣う優しさがある、と言い換えてくれました。電話をしながら「先生は、やはりプロだな」と思いました。他の保護者と少しずつ話ができるようになり色々聞いてみると、先生の数も少なく仕事が増える中、コロナもあり本当に大変な年だったようです。バスの送迎も時間管理が厳しいようでうまく挨拶できなかったときがあったのかもしれません。今ではM先生に対して初め厳しく思ってしまった自分が恥ずかしいです。子供が無事卒園できたのも先生方の頑張りのおかげ。息子も小学校に上がり、下校中、幼稚園バスを見かけると先生もたまに手を振って下さるそうです。

保育園の先生と一緒に作ったマフラー

4歳の時、冬休み保育のイベントで手編みマフラーを作ることになりました。神戸でどんなインターナショナルスクールといえばそのような手芸が得意な先生がいて、園児たちにもできる簡単なやり方を教えてくれることになったのです。私は当時も細々とした作業が好きだったので、ひたすら同じ作業を繰り返す編み物は向いていたと思います。何本も作って、一つは2メートル以上の大作になりました。意外にも上手にできた細いマフラーは、二つ折りにすると長さもちょうど良くてそのあと5年ほど愛用していました。マフラーを作った時に大好きだった先生に褒められたことが嬉しかったのを今でも覚えています。何時間もかけて使い道のなさそうな長いマフラーを作った私に、母は半ば呆れて苦笑していましたが、先生は針と糸を持ち出して二つ折りにして私の首にかけてくれたのです。私のマフラーが一番長くて頑張ったねと声をかけてくれました。それは私が編み物にハマるきっかけでもあったので重要な思い出です。その先生はそれ以降も、何かと私の器用さを褒めてくれました。私が「手先が器用ね」と良く言われるようになったのも、もしかしたらその先生のおかげかもしれません。滋賀でおすすめの根管治療専門医はどこからもその時のマフラーは未だ捨てられず、押し入れの中に眠っています。白いマフラーだったので黒くなった箇所が目立ち、流石にもう身につけられませんが、大切な思い出の品となりました。

幼稚園・保育園の先生にかけっこ以外で褒められたこと

私は幼稚園の頃とても足が早かったです。神戸でもインターナショナルスクールといえるところで幼稚園で鬼ごっこやかけっこをしても同級生に負けないしとにかく走るのが速かったです。半面、私はシャイでした。運動はできるけれどなんだか恥ずかしがり屋な子。先生はそんな印象で私を見ていたと思います。かけっこが速いことは先生に何度も褒められたけど私は恥ずかしそうにするだけでした。そんな中、幼稚園で運動会をすることになりました。玉入れやら綱引きやらの種目の中にかけっこがありました。かけっこは4人のリレー式でした。奈良の大和高田で保育士の求人を探すには 3人は決まりましたが、4人目のアンカーが決まりませんでした。当然足が速い私が手を上げるべきなのでしょうが、私は怖くてあげることができませんでした。すると、先生がちらっと笑顔で私の方を向きました。私に手を上げてほしいみたいでした。私はシャイなので緊張して手の震えが止まりませんでした。しかし、早く奈良で評判の保育園を探そうとしても私は勇気を振り絞って手を上げたのです。こうしてリレーの4人が決まりました。運動会当日私たちは無事に勝つことができました。当然クラスのみんなも喜んでいました。先生も近づいてきてこう言いました。「今日のかけっこもすごかったけど、こどもが神戸でインターナショナルスクールからとこの前勇気を出して手を上げてくれたことも先生嬉しいな」私もとても嬉しくて「先生ありがとう」と言いました。

先生が作ってくれた世界にたった一つの折り紙

僕は小さい頃のことをほとんど覚えてないのですが、どのバイリンガルスクールが神戸の中にも少ないながら覚えている素敵なエピソードがあります。それは先生が一緒に折ってくれた折り紙の話です。保育園に通っていた5歳の頃、毎日折り紙の時間がありました。みんな器用に折り紙を折って先生の言った通りに完成させるのですが、僕は折り紙が苦手でどうしてもうまくいかずに、みんなのことを羨ましく思っていました。ホームページ制作って神戸からはどこへもそんな中、小柄で優しいとも先生という方がいたのですが、とも先生はいつも僕の様子を伺っていました。ある日、折り紙の時間にとも先生が僕の隣に座り、「一緒に折り紙折ろう」と声をかけてくれました。しかも先ほでまで作っていたクマのぐちゃぐちゃの折り紙を褒めてくれました。先生は船の折り紙を作ろうといい、一枚の紙を僕と先生の間に持ってきて、僕の手と折り紙を持って一緒に折り始めました。完成した船の折り紙とても綺麗だったのと、先生がいる安心感もあり本当に嬉しい気持ちになりました。ずっとずっとその折り紙を握りしめていたと思います。先生の心の温かさと、寄り添う優しさがちびっ子だった僕の体と心に響いたことで、神戸のインターナショナルスクールではこことも今もこうして思い出として残っているのだと思います。僕も大人になり、子供には優しく、温かく寄り添っています。

「いつも一緒」遠くの国へ行く我が子へ、幼稚園の先生方からの替え歌

娘が幼稚園年長の1学期のことです。急に主人の海外赴任、そして家族の帯同が決まりました。姫路のおすすめ根管治療専門医ならどこかといって国は北アフリカ、日本からは飛行機を乗り継いでまる一日以上かかる場所です。2年ちょっとを過ごした幼稚園とも学期の途中でお別れをすることになってしまいました。1学期は夏の発表会に向けて、合唱と鼓笛の練習を組ごとに毎日のようにしていました。ですが、私達が日本を発つ日は発表会のずっと前です。そこで先生に、練習風景で良いから見せて欲しいと頼みました。快諾していただき、指定の日時に見学へ行きました。いつもの組でやっている練習風景で良いと言ったのに、なぜか講堂に年長さん全員と先生方が集まっているのです。整列した子供達の合唱が始まりました。この歌は娘が家でも練習していたので、その神戸のインターナショナルスクールが良いと私もメロディ、歌詞を知っています。ですが、歌の後半が全く違う物になっていました。「遠くへ旅立つ○○ちゃん(娘の名)、離れていても空は繋がっているからいつも一緒だよ、地球は一つ」という内容の替え歌になっていたのです!私が急に見学したいと言い、時間の無い中、先生方は替え歌を作り、子供達に覚えさせてくれていたのでした。子供達の澄んだ歌声に、その日の真っ青な空が重なり、これからの不安が吹き飛びました。娘も同じ気持ちだったのでしょう、それまで「外国に行きたくない」と言っていたのに、「いつも一緒」と歌ってくれたことで前向きになりました。娘のためにこんな素敵なサプライズをしてくれた先生方には感謝しています。ここでエレメンタリースクールなら神戸でもとはいえその後、帯同先に何回か幼稚園の先生と子供達からお手紙の束が届きました。「いつも一緒」、本当に心から娘に寄り添ってくれた先生方でした。