幼稚園の先生にゆっくりと対応して頂けました

幼稚園に行きたくなかった息子。奈良で求人の保育士は地域の公立の幼稚園でした。入園前の個人面談の時から大人しくしていなかった息子です。当日は自分で自分の顔に髭を描いて行ったほどです。それらは全て入園回避の為です。悪い子なら入園を断られると考えたのでしょう。それでも回避は出来ない入園です。口コミから奈良で保育園が入園式が終わりそれぞれの教室に入っても目立つ行動の息子です。悪い子演出です。幼稚園に行きたくない子は他にもおられたと思います。ただ息子の様に自己主張する子はたいていの場合居ません。幸いにもこの時の園長先生をはじめとする先生方は叱る事をせずゆっくと対応して下さいました。入園から数週間は毎日お迎え時に『今日の〇〇君は・・』としっかり見て頂きご報告も頂きました。突飛な事をする事・・1か月あったでしょうか。徐々に落ち着いて行った息子です。ある日園長先生がお話をして下さいました。ちょっと悪さをした息子に理由を尋ねて下さったそうです。そうしたらその返答が的を得ていたと。確かにそうだと。そうだけどそれは行けない事だと園長先生が話すと『うん。分かった』と息子。〇〇君は面白いです。それにキチンと考えて彼なりの理由があると。ともすれば叱られ続けたであろう息子に対しこういった対応して下さった先生方。相手が子供だからと話をキチンと聞かない大人が居る中でとてもありがたい事でした。

運動会での出来事です。

ある運動会の日、天気は曇りでいつ雨が不安される日でした。口コミで大和高田で保育士を採用すると案の定始まって直ぐに雨が降り出して来ました。保護者はみんな子供が濡れる事を懸念してました。それでも園児は皆、最後までやりたいと言っています。園庭は、みるみるうちはな水たまりになっていました。少しでも奈良の話題の保育園を先生方は皆で力を合わせてら砂を運び園庭が使えるようにしてました
。その様子がとても胸にきました。