幼稚園でのざくろの奪い合いの果てに

私が通っていた幼稚園には、1本のざくろの木が生えていました。その木には毎年、ざくろの実が生りました。ざくろの実は小さな実がいくつもあり、種の周りに薄く果肉があり、その果肉は少し酸っぱく、でもほのかに甘く、大和高田で保育士を採用すると子供ながらにも美味しかったのを今でも覚えています。毎年、その実が生ると、みんなで取り合いになります。なぜなら、幼稚園児がたくさんいる中で、その木は1本しかないからです。幼稚園バスで幼稚園に行くと、先に着いていた他の友達やほかの学年の園児たちが、その木の周りに群がっています。もちろん、口コミで保育園は奈良が一番に興味のない園児は園庭で遊び、ざくろには目もくれません。私はというと、バスが着くなりその木のところに走っていくような園児でした。ただ、カバンを教室に置かず、着替えもせずに木のところにいくので、当たり前のように先生によく怒られていました。園児の中で私は身長が高いほうだったので、少し遅れて行っても、食べれていました(独り占めはしていませんよ。)そんなある日、みんなが食べつくしたのか、ざくろの実は見たところないように見え、みんなはもうあきらめていました。しかし、よく見ると木の上の方にまだあります。でも、子供の身長ではとても届くような高さではなく、数人で悲しんでいたところ、先生が現れ、見事なジャンプを披露したかと思うと、その手にはざくろの実。その実を私たちに手渡し、みんなで食べました。諦めていたところに救世主が現れ、とても嬉しかったことを今でもよく覚えています。

保育園の先生のおかげでできた

子どもが保育園にはいってから、子どもがなかなか出来ないことがいろいろと分かりました。
家では、子どもがやりたいことなどを中心に遊んでいたので、出来ないとは知らない事がありました。人気の大和高田の保育園といえばそれは縄跳びです。家で練習しても本当になかなか出来ませんでした。子どもは出来ないことがかなり気になっていたようで、かなりへこみぎみでした。それを保育園の先生に相談したところ、遊びの時間にやり方などを一緒にやってくれたと子どもが嬉しそうに話していました。しかし、何度も練習していましたが、なかなか上手く出来ませんでした。家でも、話題の保育園が奈良ではとても保育園でも一生懸命練習していました。先生も励ましたりしながら付き合ってくれていたようです。完璧にとまではいきませんでしたが、飛べるようになり、かなり自信がついたようでした。本当に先生にはたくさん励ましてもらったり、なかの練習にも付き合ってもらえてかなり子どもも励みになったようだし、諦めない心を学んだと思います。先生には本当に感謝しかありませんでした。子どもたちみんなにやり遂げることをきちんと教えてくれたので、ありがたかったです。どうしても親だけだと子どもも甘えてしまうところや、諦めてしまうところがあると思います。先生に応援されながらやり遂げることが出来たことが子どもの自信に繋がったと思います。